子供から大人まで楽しむダンス

子供から大人まで楽しむダンス
ダンスの種類を学ぶ ダンスは衣装で決める ストリートダンスをスクールで習うメリットとは ダンスで使用される曲 ダンススタジオでダイエットしてみよう お問い合わせ

ダンスの種類を学ぶ

最近では子供の習い事としても人気の高いのがダンスです。
一口にダンスといっても色々な種類があります。
HIPHOPは、世界でも人気の高いジャンルです。
ランニングマンやロボコップなどのステップがあります。
LOCKは、文字通り「体に鍵をかける」ように激しい動きからピタッと止まりまた動く、この独特のキレのあるリズムが特徴です。
HAUSEは、流れるような素早い足さばきが特徴で、フロアを広く使い大きな動きで踊ります。

BKEAKINは、床をくるくる回ります。
POPは、有名なのはムーンウォークやウェーブです。
体の部位が別々の動きになります。
JAZZは、バレエのような優雅な動きから、ヒップホップのようなリズミカルな動きもで幅広いスタイルがあります。
その他にも色々な種類があります。
難しいのは動き一つひとつ人それぞれ個性があるため、「この動きはこのダンス」と明確に種類を分けることができないということです。
しかし、それもまた表現の幅の広さであると思います。
「必ずこう踊らなければならない」ということはないのです。
表現のしかたは自分次第です。
種類に縛られない、自分流のスタイルで魅力的なダンスを踊ることこそ大切なのです。

社交ダンスの起源

ダンスを趣味として踊りたいという人に歴史の知識は不要かもしれませんが、何事も背景を知ることによってより楽しく味わい深いものとなるものです。
ここでは現在、社交ダンスとして親しまれている西洋の踊りの歴史について簡単にまとめてみましょう。
人々は太古の昔からお祭りや宗教の儀式で舞踏をしてきましたが、現在の社交ダンスに直接つながるのは、中世ヨーロッパで踊られた「メヌエット」や「ガヴォット」などの宮廷舞踏です。
中世を舞台にした映画などで、その優雅な踊りを見ることができます。
しかしフランス革命によって市民の時代が来ると宮廷舞踏は下火となり、かわって「マズルカ」や「ポルカ」、「ワルツ」などの大衆的な踊りが栄えます。
特に「ワルツ」はステップも簡単で魅力的なため大流行し、王侯貴族の社会に逆輸入されるほどでした。
また、20世紀初頭に南米ではじまった4分の2拍子の「タンゴ」は明るいラテン調の曲に合わせた踊りで、これまた大流行します。
そして今日、社交ダンスが世界中で広まるきっかけになったのは、20世紀初めにアメリカで黒人の踊りをヒントに創作された「フォックストロット」です。
これはたちまち世界中を風靡し、「ルンバ」や「サンバ」などとともに今でも愛好されています。

check

川越 不動産
http://www.ie-sagasi.com/
大田区 税理士
http://www.kayo-kobayashi.com/
ハリーウィンストン アヴェニュー
http://www.couronne.info/shopbrand/008/002/X/
人気のメンズ脱毛サロン
http://xn--q9js5spfpd8124bnh5a.jp/
バイアグラ購入
http://chobi-hige.net/cat/item/itemgenre/viagra/
ウォータージェット
http://www.flowwaterjet.jp/
渋谷で貸切パーティー
http://r.gnavi.co.jp/gc8j002/
古本買取情報
http://furuhonkaitori.jp/

Last update:2016/9/12